スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顕微鏡で比較【LIGNOTEX】

こんにちは

今日は木材、そして圧縮木材のミクロな世界をご紹介します

下の写真は、国産材のヒノキの圧縮前後の写真です。
 <左:未圧縮木材ヒノキ 右;圧縮木材(LIGNOTEX)ヒノキ>
 CIMG2056.jpg
 ↑
 圧縮木材は体積が小さくなっていることがわかります。

圧縮したことで、中の組織がどうなっているのでしょうか??
実際に細胞壁の詰まり方を顕微鏡で見てみましょう!!

<未圧縮木材ヒノキ>
未圧縮ヒノキ顕微鏡

<圧縮木材(LIGNOTEX)ヒノキ>
LIGNOTEXヒノキ顕微鏡

個人的には未圧縮のヒノキが
こんなにもふかふかしているとは思っていませんでした

圧縮することで、細胞壁の中の空洞がつぶれ、
体積が小さくなっています。

先日のブログでは、
木材の比重と材質との関係について』ご紹介しました。

その記事でもご紹介しましたが・・
   木材の比重の違いは、細胞壁の量の違いです。
   木材中の細胞壁の詰まり方の違いに由来します。
   そして、比重の違いは、材質にも大きく影響しています。

そして、私たち名古屋木材の圧縮木材(LIGNOTEX)は、
一般的に比重の低いとされている国産材のスギやヒノキを圧縮し、
お客様の好みの材質に合わせた木材を提供しています。

名古屋木材は創業1945年の木材屋です

住宅に関する木材、資材を提供していますが、
もっと身近に木のある暮らしを提案したいと思い、
圧縮木材にも取り組んでいます

「こんなもの作れないかな?」とお考えのものがありましたら、
お気軽にご相談ください。

名古屋木材 商品開発室:
http://www.meimoku.co.jp/top/development/compression

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

名古屋木材 商品開発室

Author:名古屋木材 商品開発室
半世紀以上に渡り、木材に携わってきた名古屋木材です。

「もっと身近なところに木の温かさを感じてほしい」

という想いから、商品開発室では主に圧縮木材に取り組んでいます。
私たちの圧縮木材は
「LIGNOTEX(リグノテクス)」
「LIGNOFLEX(リグノフレックス)」です。

このブログでは、「木材」そして「圧縮木材」に関する情報を中心にお伝えします。

皆様からのご意見やご感想、ご質問等いつでも受け付けていますので、お気軽にお寄せください。

名古屋木材(株)商品開発室
愛知県海部郡飛島村木場一丁目31番地

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。