スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIGNOFLEXで折り紙

こんにちは

先日のブログでは、名古屋木材の圧縮木材(LIGNOFLEX)の
曲がる方向について紹介しました。
 記事はこちら:曲がる方向【圧縮木材(LIGNOFLEX)】

今日は、その柔軟性に富む圧縮木材(LIGNOFLEX)を使って、
作った折鶴のご紹介です。

木目によって、曲がる程度の違いますが、
0.1㎜厚さのものを使用することで、
割けずに、折ることができました!(↓写真)
IMG_0598.jpg

 お店などで、木でできた折り紙が売られていることがありますが、
 和紙を張り合わせていることが多く、きれいに折ることができます。

今回は国産材のヒノキ突板のみを使用したので、100%木の折鶴です。

先日、スギの圧縮木材(LIGNOFLEX)で
0.1㎜厚さの突板を作ろうと試しましたが、
ヒノキ特有の粘りが、0.1㎜の材料を可能にしているようです。

木材・圧縮木材について、
ご興味がありましたらお気軽にお問合せください。

名古屋木材 商品開発室:
http://www.meimoku.co.jp/top/development/compression

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

名古屋木材 商品開発室

Author:名古屋木材 商品開発室
半世紀以上に渡り、木材に携わってきた名古屋木材です。

「もっと身近なところに木の温かさを感じてほしい」

という想いから、商品開発室では主に圧縮木材に取り組んでいます。
私たちの圧縮木材は
「LIGNOTEX(リグノテクス)」
「LIGNOFLEX(リグノフレックス)」です。

このブログでは、「木材」そして「圧縮木材」に関する情報を中心にお伝えします。

皆様からのご意見やご感想、ご質問等いつでも受け付けていますので、お気軽にお寄せください。

名古屋木材(株)商品開発室
愛知県海部郡飛島村木場一丁目31番地

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。