スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きさ比較【ドライングセット材】

こんにちは

もう6月ですが、まだ梅雨入りしてなんですね。
毎年5月の終わりごろには梅雨入りしているので、
個人的には変な感じです

さて今日は、
名古屋木材の圧縮木材の中でも一時的に木材を圧縮する材料、
ドライングセット材についてご紹介いたします。

以前、ブログ記事名古屋木材の圧縮木材でも概要だけご紹介しました。

【ドライイングセット材】
 固定処理をしていない圧縮木材。
 永久固定材とは逆に、水やお湯に浸すと・・
 木材が膨張して元の形に戻ります。
↓矢の部分を一時圧縮(上)。
↓お湯に15分ほど浸すと、矢の先端部分が戻ります(下)。
iLIGNOS写真

上の写真は5円玉が通っています。
小さいものしかできないわけではありません!!

↓当社のサンプルは、大人の肩幅ぐらいの大きさのドライングセット材もあります!!
IMG_0584.jpg

一番下の小さなサンプルが、5円玉が通っているドライングセット材です。

 「木でこんな加工できないかな?」
とお考えのものがありましたら、お気軽にご相談ください

名古屋木材 商品開発室:
http://www.meimoku.co.jp/top/development/compression

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

名古屋木材 商品開発室

Author:名古屋木材 商品開発室
半世紀以上に渡り、木材に携わってきた名古屋木材です。

「もっと身近なところに木の温かさを感じてほしい」

という想いから、商品開発室では主に圧縮木材に取り組んでいます。
私たちの圧縮木材は
「LIGNOTEX(リグノテクス)」
「LIGNOFLEX(リグノフレックス)」です。

このブログでは、「木材」そして「圧縮木材」に関する情報を中心にお伝えします。

皆様からのご意見やご感想、ご質問等いつでも受け付けていますので、お気軽にお寄せください。

名古屋木材(株)商品開発室
愛知県海部郡飛島村木場一丁目31番地

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。