スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉症と国産材

こんにちは

今がサクラの見ごろですね
今日も名古屋はサクラがきれいに咲いています。
今年は散るのが早いそうで、
明日からの雨でもう散り始めてしまうらしいです。。

サクラもいいですが・・
春といえば「花粉症」

スギ花粉、ヒノキ花粉等の
花粉症に悩まされている人がたくさんいらっしゃいますよね。
スギやヒノキは、昔からなじみのある樹木ですが、
どうしてここ数年で花粉症の患者が増えているのでしょうか?
その原因と言われていいることを一部ご紹介します。

1.花粉飛散量の増加
 森林の手入れ不足による、スギやヒノキの個体数増加のため、
 花粉の飛散量が増えていると言われています。
 
 戦後に植林されたスギやヒノキは、伐採期を迎えていますが、
 これら国産材の利用は少なく、多くの森林が間伐などの
 適切な管理がなされずに、そのまま放置されています。
 単位面積あたりに生えているスギやヒノキの密度が高くなるため、
 花粉の飛散量も多くなっているといわれています。


2.地面に落ちた花粉の再飛散
 一度地面に落ちた花粉が、
 風に乗って再飛散していると言われています。

 田んぼや畑など土壌や草原の多い田舎の地域では
 落ちた花粉は速やかに分解されやすく、
 都会の整備されたアスファルト道路に落ちた花粉は分解されにくく、
 風によって舞い上がりやすくなっています。
 
現在の木材自給率は約3割。

森林の適切な管理が行われるように、
国産材がたくさん利用できるようにしたいと考えています。

そこに私たちの圧縮木材である
リグノテクスやリグノフレックスが貢献できればと思います。

名古屋木材 商品開発室:http://www.meimoku.co.jp/top/development/compression

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

名古屋木材 商品開発室

Author:名古屋木材 商品開発室
半世紀以上に渡り、木材に携わってきた名古屋木材です。

「もっと身近なところに木の温かさを感じてほしい」

という想いから、商品開発室では主に圧縮木材に取り組んでいます。
私たちの圧縮木材は
「LIGNOTEX(リグノテクス)」
「LIGNOFLEX(リグノフレックス)」です。

このブログでは、「木材」そして「圧縮木材」に関する情報を中心にお伝えします。

皆様からのご意見やご感想、ご質問等いつでも受け付けていますので、お気軽にお寄せください。

名古屋木材(株)商品開発室
愛知県海部郡飛島村木場一丁目31番地

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。