スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

圧縮木材の作り方(製法)

おはようございます

今日は圧縮木材の方法について、ご紹介します。

圧縮木材と言っても、いろいろな作り方があります。

木材自体が熱を加えると柔らかくなる性質を持っているので、
基本的な原理としては、熱を加えながら木材を圧縮させていきます。


【圧縮木材製法】
①ホットプレス法
 高温の平盤の上に木材をセットし、プレスさせていきます。
 木材の表面がプレスされ、表面硬度の向上が期待できます。
試作加熱プレス



②ロールプレス法
 高温のロールに木材を通して圧縮させます。
 ホットプレス同様に表面硬度の向上が期待できるとともに、
 より効率的な圧縮木材が生産できます。 

③高圧水蒸気圧縮成型法
 ちょっと難しい言葉ですが、基本的には家庭用の圧力鍋の原理です。

 大きな圧力容器の中で圧力と、熱と水蒸気を加えながら、
 ゆっくりと圧縮していきます。

圧縮容器


 私たち、名古屋木材が行っているのが、
 高圧水蒸気圧縮成型法です。

 圧縮率を自由に設定することができること。
 中まで均一に圧縮できるので切削加工にも適しています。

↓(左:未圧縮 右:高圧水蒸気での圧縮木材)
CIMG2056.jpg


 名古屋木材(株):http://www.meimoku.co.jp/top/development/compression

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

名古屋木材 商品開発室

Author:名古屋木材 商品開発室
半世紀以上に渡り、木材に携わってきた名古屋木材です。

「もっと身近なところに木の温かさを感じてほしい」

という想いから、商品開発室では主に圧縮木材に取り組んでいます。
私たちの圧縮木材は
「LIGNOTEX(リグノテクス)」
「LIGNOFLEX(リグノフレックス)」です。

このブログでは、「木材」そして「圧縮木材」に関する情報を中心にお伝えします。

皆様からのご意見やご感想、ご質問等いつでも受け付けていますので、お気軽にお寄せください。

名古屋木材(株)商品開発室
愛知県海部郡飛島村木場一丁目31番地

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。