スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多様な木工品

おはようございます

合板木材博物館の最後のご紹介です。

数々の木工品が展示されていました。
IMG_0216.jpg
IMG_0217.jpg

↓花びらは薄くスライスした木材を使用し、全部木でできています。
↓こんなこともできるんですね!!
IMG_0210.jpg

木の製品は懐かしいと思うものから、
「こんなこともできるの!?」と思うものまで様々です。

木の温かさは幼い頃、そして年を重ねても
やっぱり「いいなぁ」と思いますね。

名古屋木材(株)商品開発室:http://www.meimoku.co.jp/top/development/compression
スポンサーサイト

合板

こんにちは

相変わらず、今日も寒いです

さて、昨日に引き続き、木材合板博物館をご紹介いたします。

木材合板博物館には単板の製造機械も展示されています。
IMG_0227.jpg

偶然、機械を動かしているところを見ることができました。
IMG_0183.jpg
木材を固定し、回転させることで、大根のカツラ剥きの要領で、
単板が出来上がります。

これを何枚か張り合わせることで、合板ができます。
博物館では合板の製造工程を詳しく解説してくれました。

↓合板になる木材はこんなにあります。
IMG_0512.jpg

ちなみに、
合板を最初に作ったのは愛知県出身の方です。(浅野吉次郎)
愛知はモノづくりの町だなと再認識させられました。

私たちの会社は合板の販売も行っています。
ぜひご相談ください。
名古屋木材(株)トップページ:http://www.meimoku.co.jp/

世界の森林面積

こんにちは

木材合板博物館での続きです!!

↓世界の森林面積を緑の布に表現しています。
IMG_0185.jpg

こうやって示されていると、木は限りある資源だなと感じさせられます。
でも、木を植えるとまた育ってくれるので、循環が大事ですね。
また、博物館の方のご厚意で、博物館の上の階から、貯木場も眺めさせてもらいました。

IMG_0186.jpg

映り込みがあって見えにくいですが。。。
写真は今の貯木場です。池の四角で区切られたところ一帯は昔、木材でいっぱいだったそうです。
今は、全然見えません。
海外で製材した木材が入ってくるので、丸太で入ってくることが少ないそうです。

この貯木場は夏になると、屋形船などに使用されるそうです。

とても貴重な体験ありがとうございます。

名古屋木材(株):http://www.meimoku.co.jp/top/development/compression

重い木、軽い木、普通の木

こんにちは

今朝は虹が見えて、今は雪も降り始めた愛知県です。
体調を崩さないように気を付けてくださいね!

先日、東京にある木材合板博物館に行ってきました。
(木材合板博物館:http://www.woodmuseum.jp/index.html
JR新木場駅から徒歩7分。
線路沿いを歩いていくだけなので、迷うことなく行けました。

新木場駅周辺には、木材屋さんがたくさんあります。
さすが「木場」ですね。
ちなみに、名古屋木材商品開発室がある事務所の住所も「木場」です。
こちらも木材屋が並んでおります。

今週は木材合板博物館で体験したことをご紹介します。

≪重い木、軽い木、普通の木≫
世界の市場材の中で一軽い木・重い木を体感してきました。

樹種によって、木の木目や色合いが違いますが、
木によって、重さももちろん違います。

(写真:世界で一番軽い木・重たい木)

↓左:軽い(バルサ)   右:重い(リグナムバイタ)
IMG_0221.jpg

大きさが違っていて、写真左側のバルサの方が重そうに見えますが、
はるかに右側のリグナムバイタの方が重たかったです。。

また、水槽に入れて比較することもできました。
↓(左:(樹種忘れました) 真ん中:リグナムバイタ 右:バルサ)
IMG_0223.jpg

水に沈めてみると、違いが分かりますね。

ちなみに、私たちの圧縮木材は・・・?


名古屋木材(株):http://www.meimoku.co.jp/top/development/compression
プロフィール

名古屋木材 商品開発室

Author:名古屋木材 商品開発室
半世紀以上に渡り、木材に携わってきた名古屋木材です。

「もっと身近なところに木の温かさを感じてほしい」

という想いから、商品開発室では主に圧縮木材に取り組んでいます。
私たちの圧縮木材は
「LIGNOTEX(リグノテクス)」
「LIGNOFLEX(リグノフレックス)」です。

このブログでは、「木材」そして「圧縮木材」に関する情報を中心にお伝えします。

皆様からのご意見やご感想、ご質問等いつでも受け付けていますので、お気軽にお寄せください。

名古屋木材(株)商品開発室
愛知県海部郡飛島村木場一丁目31番地

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。